くらしのトラブル解決

ひぐち行政書士法務事務所 » 暮らしのトラブル解決 » 内容証明郵便の作成

内容証明郵便

内容証明とは

内容証明は、正式には「内容証明郵便」と言い、いつ、どのような内容の手紙を相手に出したかということを第三者である郵便局に証明してもらう郵便のことです。
ただし、証明できるのは送った文書の存在であり、その文書内容が真実かどうかを証明することはできません。

内容証明郵便の文書に記載できる文字または記号は決まっています。また、1枚の文書の字数・行数には制限があります。
差し出す際には一般書留とする必要があります。速達、引受時刻証明、配達証明、本人限定受取、代金引換、配達日指定を付加することができます。

内容証明の効果と目的

内容証明には、次のような効果があります。

  • 送った内容の証拠を残すこと
  • 作成日付の証拠を残すこと
  • 相手に心理的プレッシャーを与えること

そして、内容証明はいろいろな目的で利用されます

  • 契約解除
  • クーリングオフ
  • 債権の支払い、返済の請求
  • 債権譲渡
  • 損害賠償請求
  • 賃料の支払い請求
  • 遺留分の減殺請求
  • ストーカー行為に対する警告
  • 養育費の支払い請求
  • 時効の援用

まずはご相談を

クーリングオフのように期限が迫っているときには、素早く内容証明郵便を作成する必要があります。
しかし、相手側の意思や状況がわからぬまま内容証明郵便をいきなり送ったことで、かえって余計にこじれてしまうこともあり得ます。
まずは、ありのままのいきさつや事情をお話しいただき、内容証明を利用すべきかどうか、またそのタイミングはいつなのか、などをご一緒に考えましょう。
私ども行政書士には守秘義務が課せられております。どうぞご安心いただきご相談ください。
尚、すでに法的紛争段階にある事案に係るものは受任することができませんのでご相談の際に弁護士を紹介することがあります。

料金表

内容証明郵便の種類 報酬額
内容証明郵便作成
(作成文書が1枚で、かつ作成行政書士名を付記しない場合)
10,000円
内容証明郵便作成
(2枚以上にわたるもの、または作成行政書士名を付記する場合)
20,000円

※郵便料金の実費は別途となります。
※上記報酬額には別途消費税がかかります