ひぐち行政書士法務事務所 » 遺言書作成サポート » 秘密証書遺言

秘密証書遺言

秘密証書遺言の書き方

秘密証書遺言の方式
  • ・遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
  • ・遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印をすること。
  • ・遺言者が、公証人一人、及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨、並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。
  • ・公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。
自書でなくても良い
パソコンやワープロを用いたものでも構いません。
第三者が書いてもよく、ただし署名押印は本人が行います。
記載内容
遺言書を封筒に密封した状態で公証役場に持参し、上記の方式に従って作成しますが、公証人はその遺言書の内容を確認することはできませんので、記載内容に不備があり遺言書自体が無効になってしまう可能性があります。
公証人の手数料
公証人の手数料は11,000円です。
検認
秘密証書遺言は自筆証書遺言と同様に、遺言者の死亡の後、家庭裁判所の検認手続きを要します。