ひぐち行政書士法務事務所 » 遺言書作成サポート » 遺言執行

遺言執行

遺言執行者

遺言に書かれた内容が法的に有効であっても、そのとおりに実現されるとは限りません。また相続人間のもめごとのためにスムースな実現が難しいことが考えられます。遺言書の内容を法的な権限を持って実現する人を遺言執行者といいます。
遺言執行者は相続財産を管理し、財産目録を作成し、その他遺言の実現のために必要な一切の行為をする権利義務を有します。相続人もその執行を妨げることができないことから、遺言者そのものの代理人といえます。
遺言執行者は、遺言により指定されたり、遺言によりその指定を委託された人により指定されることで決まります。また、遺言により指定がないときや、就任できない場合は家庭裁判所に選任の請求をすることができます。
遺言執行者には、未成年者や破産者はなることができません。相続人や受遺者を指定することはできますが、相続人間のもめごとがおこり得ますし、スムースな遺言実現のためには第三者の行政書士のような法律専門家を選任することにメリットがあります。

遺言執行

遺言の執行は遺言内容を実現することです。遺言執行者は就任したならば、遺言書に以下の記載があれば、被相続人の死亡後、遺言執行者はその手続きを実行しなければなりません。

  • ・相続人、受遺者へ遺言執行者に就任した旨の通知
  • ・相続財産の目録を作成し、相続人に交付する
  • ・遺言による認知の届出(就職の日から10日以内)
  • ・推定相続人の廃除又はその取消しの手続き
  • ・一般社団法人の設立
  • ・不動産の遺贈の登記
  • ・預貯金の払い戻し手続き、その他の財産の名義変更手続き
  • ・相続財産の管理、その他遺言の執行に必要な一切の行為