ひぐち行政書士法務事務所 » 遺言書作成サポート » 尊厳死宣言公正証書

尊厳死宣言公正証書

尊厳死宣言公正証書とは

尊厳死とは、一般には「回復の見込みのない末期状態の患者に対し、生命維持治療を差し控え又は中止し、人間としての尊厳を保させつつ、死を迎えさせること」とされています。

現代の医療技術によって、人工呼吸器や胃ろうなど過剰な延命治療により、いつまでも生かし続けることが可能です。そして一旦このような延命治療が開始されれば、それを止めることは容易ではありません。その状態になった「本人」の意思が確認できないからです。

自分の意識がはっきりしているうちに、自己決定権に基づき、末期状態での生命維持装置の差し控え、中止を指示する文書が「リビング・ウィル」(living will)とよばれ、これに従うことは犯罪行為や賠償責任を生じないものとされています。そのため、これを医師に示すことで医療現場においては本人意思を確認したものとして、大勢として尊厳死が容認されています。(但し、過剰な延命治療に当たるかどうかは、治療行為のの内容や患者の状態等による医学的判断によります)

「リビング・ウィル」が真に本人の意思によるものであることを裏付けるために、公正証書とすることをお勧めします。本人が尊厳死の選択を宣言したのを公証人が聞き取って公正証書にするもので、表題は「尊厳死宣言公正証書」とします。

延命治療を施すのかどうか、決断を迫られる状態となった時に、担当の医師にこの尊厳死宣言公正証書を示し伝えるために、ご自身の意思を伝えてもらうにふさわしい信頼のおける肉親などにあらかじめ預けておくことが望ましいと思われます。
また、任意後見契約を結ぶ場合は、任意後見受任者に預けておけば、あなたの意思を誠実に守ってもらえるはずです。