ひぐち行政書士法務事務所 » 遺言書作成サポート

遺言書作成サポート

あなたの意思を残し伝えるために

次世代を築くあなたの家族に安心が届けられるように、あなたが亡くなったあとのこと、特にあなたの財産をどのようにするかを遺言書を作成して残しておきましょう。
そして、それが確実に実行されるためには遺言で遺言執行者を指定することです。

当事務所では、ご本人の意思を反映した確実な遺言書を作成するためのサポートをいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。(ご相談は無料です。)

遺言の基礎知識

遺言の必要な場合

以下のような場合には遺言書が効果的です。

  • 夫婦の間に子供がいない
  • 再婚をし、先妻の子と後妻がいる
  • 世話になった人(長男の嫁など)に財産を分けてあげたい
  • 内縁の妻(夫)がいる
  • 個人で事業を経営したり、農業をしている
  • 各相続人ごとに相続させる財産を指定したい
  • 家族の中に特に多く財産をあげたい者がいる
  • 相続人の中に行方不明者がいる
  • 相続人の中に成年後見人がいる
  • 隠し子がいる
  • 相続人が全くいない

遺言書作成費用

当事務所では、遺言の確実性の高い公正証書遺言をお奨めしていますが、ご希望により自筆証書遺言の作成サポート(原案作成)、秘密証書遺言の作成サポートも行っています。

自筆証書遺言作成サポート 秘密証書遺言作成サポート 公正証書遺言作成サポート
当事務所の作成報酬 50,000円 150,000円 150,000円
公証役場への手数料 - 11,000円 条件により
証人手配費用
(1名につき)
- 10,000円 10,000円
  • ・相続人、財産調査において証明書等の取得を依頼される場合は、手数料と実費が別途追加となります。
  • ・上記報酬額には別途消費税がかかります。

遺言執行者報酬

遺言によって当職を遺言執行者に指定される場合の報酬は下記のようになります。

遺言執行者報酬 相続財産の価額が3,000万円までは300,000円、3,000万円を超える場合はその1%
  • ・遺言執行に係る経費等の実費は別途となります。
  • ・上記報酬額には別途消費税がかかります。

尊厳死宣言公正証書作成費用

尊厳死宣言公正証書の作成費用は下記の通りになります。

尊厳死宣言公正証書作成サポート
当事務所の作成報酬 100,000円
公証役場への手数料 11,000円
  • ・上記報酬額には別途消費税がかかります。