暮らしのトラブル解決

ひぐち行政書士法務事務所 » 運転事業許可申請 » 介護タクシー許可申請

介護タクシー許可申請

介護タクシー許可申請

一般のタクシーやバスに乗ることがむずかしい高齢者や障害者の方を専門に輸送するために、車いすごと乗車するための「車いすリフト」や乗降を助けるための「回転シート」「リフトアップシート」が装備されたいわゆる「福祉車両」のタクシーが、介護タクシーと呼ばれています。

下記の通り、お客様からお金をいただいて輸送のできる事業形態にはいくつかありますが、事業者主体や運行範囲、目的がそれぞれ異なり、また一定の制約があります。

その中で事業として計画しやすく、対象となるお客様が急を要すときに一般のタクシーのように利用できる事業形態である、「一般旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)」の許可を受けたものがいわゆる、介護タクシーと考えられます。

一般旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)許可 →  介護タクシー
乗車定員11名未満の自動車を貸し切って有償で運送する行為を「一般乗用旅客自動車運送事業」といい、道路運送法第4条に基づき国土交通大臣の許可が必要になります。
「介護タクシー」は一般のタクシーに比べて、輸送することのできる旅客を限定すること等により、いくつかの許可要件が緩和されています。
特定旅客自動車運送事業許可 →  介護保険適用送迎運送
介護保険法に基づく訪問介護事業所等が介護保険の適用を受けて特定の利用者を特定の目的地の間を輸送することのできる許可です。
自家用自動車有償運送許可 →  訪問介護員による福祉有償運送
訪問介護事業所等が一般または特定旅客自動車運送事業の許可を受けている場合にその事業所の訪問介護員が自家用車を使用して有償運送をすることができます。
福祉有償運送事業登録 →  移送サービス
社会福祉法人、NPO法人、公益法人などが、運行するための要件を備え、かつ地域の市町村により組織された「運営協議会」の合意を得て、運輸支局長等に登録することにより、自家用自動車による福祉輸送を行うことができます。
必要書類は多岐にわたりますので、移送サービスを始めようとお考えの方もどうぞご相談ください。

介護タクシーの要件

乗車対象となる「利用者」の範囲
  • 1) 身体障害者福祉法第4条に規定する身体障害者手帳の交付を受けている人
  • 2) 介護保険法に規定する「要介護認定」または「要支援認定」を受けている人
  • 3)そのほか肢体不自由、内部障害、知的障害、単独での移動が困難な人であって、単独でタクシーその他の公共交通機関を利用することが困難な人
  • 4) 消防機関または消防機関と連携するコールセンターを介して、患者等搬送事業者による搬送サービスの提供を受ける人
  • 5) 上記1~4の付添人
使用する事業用自動車
  • ・最低車両数 1台
  • ・道路運送車両の保安基準第50条(旅客自動車運送事業用自動車)に適合することかつ、構造が下記AまたはBであること(A,Bでは運転者の条件が異なります)
  • A 道路運送施行規則第51条の第1項第8号に規定する福祉自動車(福祉車両)
    1)車いす若しくはストレッチャーのためのリフト、スロープ、寝台等の特殊な設備を設けた自動車
    2)回転シート、リフトアップシート等の乗降を容易にするための装置を設けた自動車
  • B セダン型の一般車両
運転者の要件
普通自動車第二種免許を有していること
  • ・上記 A の車両に乗務する運転手は以下のいずれかの要件を満たすよう「努めなければならない
  • 1) 社団法人全国乗用自動車連合会等が実施する「ケア輸送サービス従事者研修」を終了していること
  • 2) 財団法人全国福祉輸送サービス協会が実施する「福祉タクシー乗務員研修」を終了していること
  • 3) 介護福祉士の資格を有していること
  • 4) 訪問介護員の資格を有していること
  • 5) サービス介助士の資格を有していること
  • 上記 B の車両に乗務する運転手は以下のいずれかの要件を「満たさなければならない
  • 1) 社団法人全国乗用自動車連合会等が実施する「ケア輸送サービス従事者研修」を終了していること
  • 2) 介護福祉士の資格を有していること
  • 3) 訪問介護員の資格を有していること
  • 4) 居宅介護従事者の資格を有していること
営業区域・営業所
営業区域は原則として、都道府県単位とし、営業所はその区域内(都道府県)にあること
運輸業務の受付は営業所にて行うこと(いわゆる「流し」はできません)
車両への表示
使用する事業用自動車への表示事項および方法
  • 1) 事業者の氏名、名称または記号
  • 2) 「福祉輸送車両」および「限定」の文字
  • 3) 1.および2.の文字は、大きさ縦横50mm以上の横書きとし、ステッカー、マグネットシートまたはペンキ等により、事業用自動車の側面両側に外部より見やすいように表示する