暮らしのトラブル解決

ひぐち行政書士法務事務所 » 運転事業許可申請 » 介護タクシー許可申請 » 介護タクシーの許可までの流れ

申請書類等の作成から事業の開始まで

  • (1)申請書類等の作成
    介護タクシーの経営計画を立て、申請書、添付書類を作成します。
  • (2)許可申請書の提出
    作成した申請書、事業計画等の添付書類を管轄の運輸支局に提出します。
  • (3)法令試験・事情聴取の実施
    申請者に対する法令試験と聴取が実施されます。(関東運輸局管内以外)
  • (4)審査基準に基づく審査
    審査は公示されている基準に基づいて行われます。
  • (5)許可処分
    標準処理期間は2ヶ月と定められています。
  • (6)許可書の交付
    管轄の運輸支局にて交付されます。
  • (7)登録免許税の納付
    登録免許税(¥30,000)を指定期限までに納付します。
  • (8)運賃・約款の認可申請、処分
    事業を開始するための運賃認可申請等の手続きが必要です。
  • (9)事業の開始
    運輸開始届を管轄の運輸支局に提出し、すべての手続きが完了します。

介護タクシーの許可申請をお考えの方をトータルサポートいたします

申請書類を「代理」作成いたします
申請者が作った書類を提出するだけの「代行」ではありません。
ヒアリングとアドバイスを重ねることにより申請に必要な書類はすべてお作りします。
申請提出手続きを「代理」いたします
書類だけ作るのではありません。
申請者本人でなければならない手続き(法令試験等)以外は代理して提出手続きをいたします。