暮らしのトラブル解決

ひぐち行政書士法務事務所 » 運転事業許可申請 » 介護タクシー許可申請 » 福祉車両の選び方

車いすリフト付車両

ほとんどがハイルーフワンボックス車になります。
ストレッチャー対応タイプもあります。
標準の車両に車いすリフトを後付改造ができる架装会社もあります。

トヨタ:ハイエース
日産:キャラバン、セレナ、クリッパー

車いす用スロープ付車両

ワンボックス、ミニバン、軽自動車等さまざまです。
標準の車両に車いす用スロープを後付改造ができる架装会社もあります。

トヨタ:ラクティス、シエンタ、ノア/ヴォクシー、アルファード
日産:セレナ、バネット、キューブ、クリッパー
ホンダ:N BOX、フリード
マツダ:フレアワゴン
スズキ:エブリー
ダイハツ:アトレー、ハイゼット

寝台車

足折れストレッチャー等がそのまま格納される構造の車両です。
床形状、固定装置等の特別架装が必要となり、専門車体メーカーへの注文製作となります。

回転シート付車両

助手席または後部左座席を回転させることにより乗降を容易にした車両です。

トヨタ:アリオン、プレミオ、カローラ、アクア (後席) コンフォート
日産:シルフィ、ラティオ、ノート、リーフ、マーチ
ホンダ:フィット、N-WGN、グレイス

リフトアップシート付車両

助手席または後部座席(ほとんどがワンボックス車の左スライドドア側座席)を車外方向へ回転かつ地上の車いすの座面高さ程度まで降下することで、乗降を容易にした車両です。

トヨタ : (助手席)プリウス、SAI、ポルテ/スペイド、ラクティス、ヴィッツ、パッソマークX、エスティマ、アイシス、シエンタ、ウィッシュ、ノア/ヴォクシー、アルファード
(後席) エスティマ、アイシス、ノア/ヴォクシー、アルファード
日産 : (助手席)セレナ、ウイングロード、キューブ、ノート、デイズ 
(後席) エルグランド、セレナ
ホンダ : (助手席)ステップワゴン、オデッセイ、フリード 
(後席) ステップワゴン、オデッセイ、フリード
マツダ : (助手席)プレマシー、ビアンテ 
(後席) ビアンテ、MPV
スズキ : (助手席)ワゴンR
ダイハツ : (助手席)ムーブ 
(後席) アトレー

介護タクシーの許可申請をお考えの方をトータルサポートいたします

介護タクシー用福祉車両選定のポイント

対象とする利用者の範囲は?
  • 車いすに乗っている人
  • 歩行に杖などを必要とする人
  • ストレッチャーに寝たままの人

※また、複数の付添の人が同行することもあります

営業区域の地域性は?
  • 道が狭い
  • 坂が多い
  • 平均的に1回の輸送距離が長い
事業用登録ができる車両か?
  • 座席、通路等の関係で事業用登ができない、あるいは改造の必要のある車両があります。
保有台数は?
  • 1台で事業開始する
  • 複数台数があり、利用者により車両を選択できる
民間救急車の認定は?
  • 最初から考える
  • 事業開始後様子を見てから
  • 全く考えない
他の制約は?
  • 車庫が狭く、車両が限定されてしまう
  • 資金的に購入できる車両が限定されてしまう
  • 現在所有している車両を利用したい

事業計画に最適な福祉車両を見つけましょう!

選ぶ車両は介護タクシー事業所の「顔」になります。計画する事業にどのタイプの福祉車両が適しているのかをよく検討して福祉車両を選びまょう。
福祉車両の新車、中古車の購入、標準タイプの中古車や所有の車両を改造して福祉車両とする、など入手方法もアドバイスいたします。
中古車の場合は装置の故障等が心配になります。当事務所では装置の状態をしっかり確認した良質な車両を仲介することができます。