相続

ひぐち行政書士法務事務所 » 相続手続きサポート » 相続税

相続税

相続税の仕組み

相続税がかかるかどうかは、相続財産が基礎控除以上であるかどうかで確認できます。

平成27年1月1日以後に開始される相続では相続・遺贈についての相続税の基礎控除額及び税率構造が改正されました。
改正前:基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)改正後:基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)相続財産がこの基礎控除額を超えると相続税の申告が必要になってきます。

例えば夫が亡くなり妻と子供2人が相続人である場合、改正前では5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円までの相続財産であれば相続税はかかりませんが、平成27年1月1日以後の相続では、3,000万円+600万円×3=4,800万円を超えると相続税が掛ってきます。

相続税の計算方法と税率

相続税の総額は、法定相続人が法定相続分通りに取得したものとして算出した各人の相続税を合計して求めます。その後、相続税の総額を実際の財産取得割合に応じて各相続人が負担します。

相続税の速算表(平成27年1月1日より改正)
法定相続分に応ずる取得金額 改正前 改正後
税率 控除額 税率 控除額
1,000万円以下 10% 0万円 10% 0万円
3,000万円以下 15% 50万円 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,700万円 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

例えば、相続財産1億円を子供2人で相続した場合の相続税の総額は、(改正後)
1)法定相続分に応ずる取得金額
  1億円(相続財産の合計)ー4,200万円(基礎控除3,000+600×2)=5,800万円
  5,800万円÷2人=2,900万円

2)法定相続人別の相続税額
  2,900万円(法定相続分に応ずる取得金額)×15%(税率)-50万円(控除額)=385万円

3)相続税の総額
  385万円(法定相続人別の相続税額)×2人(相続人の数)=770万円
この総額を実際の財産取得割合に応じて各相続人が負担をします。

その他、配偶者の税額軽減や小規模宅地等の評価減などの特例があります。
相続税の申告が必要な方で、正確な相続税の計算と申告書類の作成を求められる場合は、提携の税理士事務所をご紹介いたします。