相続

ひぐち行政書士法務事務所 » 相続手続きサポート » 相続財産の名義変更

相続財産の名義変更

相続の手続き

遺言により遺産の相続人が指定された遺言相続の内容や、遺言のない相続財産を承継するため作成された「遺産分割協議書」の内容を、実現させるためには法律上の手続きが必要です。
現金や骨とう品などは、現物が相続人に引き渡されればその人の物となりますが、銀行預金、自動車、土地や建物、などは名義変更をしなければなりません。

銀行等における手続き

金融機関ごとに所定の手続書類が異なるので確認が必要です。
一般的には、遺言書または遺産分割協議書、除籍謄本、被相続人と相続人(払い戻しを受ける人)との関係がわかる戸籍謄本、印鑑登録証明書、等になります。
自筆証書遺言、秘密証書遺言は家庭裁判所の検認を済ませ、遺言検認調書謄本または検認済証明書が必要です。

自動車の手続き

自動車の相続手続きには移転登録(名義変更)が必要です。
相続人の使用の本拠の位置を管轄する自動車検査登録事務所に提出します

  • ・遺産分割協議書(自動車用に別に作成することが望ましい)
  • ・戸籍謄本又は戸籍の全部事項証明書(被相続人の死亡が確認でき、かつ被相続人と相続人全員の関係がすべて証明できるもの)
  • ・新所有者の印鑑登録証明書
  • ・新所有者の委任状(代理人申請の場合、上記登録印を押印)
  • ・使用者の住所を証する書類(所有者と同一なら不要)
  • ・使用者の委任状(所有者と同一なら不要)
  • ・自動車保管場所証明書(使用の本拠の位置が変更になる場合)
  • ・自動車検査証
  • ・ナンバープレート(管轄が変わる場合)
  • ・希望番号予約済証(希望ナンバーにする場合)

不動産の手続き

不動産の相続手続きには登記変更が必要になります。
遺産分割協議書に基づく相続登記申請における必要書類は以下です。

  • ・登記申請書
  • ・被相続人の除かれた住民票(又は戸籍の附票)
  • ・被相続人の出生~死亡までのすべての戸籍
  • ・相続人全員の現在の戸籍・遺産分割協議書
  • ・遺産分割協議書に押印した印鑑の印鑑登録証明書
  • ・不動産を相続する者の住民票
  • ・登記申請に係る不動産の固定資産評価証明書