相続

ひぐち行政書士法務事務所 » 相続手続きサポート » 相続人の調査

相続人の調査

誰が相続人なのか

法定相続人が誰なのか、明らかにすることはどんな相続であっても必要です。
その後の相続手続きにおいては「相続関係説明図」を作成しておくことで相続関係が目に見える形で示すことができます。

戸籍の取得

「相続関係説明図」を作成するために、お亡くなりになった被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍を取得します。被相続人に子がいないような場合は、その親、兄弟姉妹の戸籍まで取得する必要が生じます。 本籍地が遠方である場合には、郵送入手で手続きをいたします。
所在不明な相続人がある場合には、現住所を調べます。

相続関係説明図

戸籍の取得により判明した相続人の情報を整理して、相続関係説明図を作成いたします。
取り寄せた戸籍とともにお渡しいたします。相続財産の名義変更等で必要となります。