相続

ひぐち行政書士法務事務所 » 相続手続きサポート » 遺産分割協議書

遺産分割協議書

遺産分割協議書とは

複数の者による共同相続において、被相続人が遺言で禁じた場合を除き、各相続人はいつでもその協議で遺産の分割をすることができます。尚、相続人の協議が調わないときは、家庭裁判所にその分割を請求することができます。

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から五年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができます。

相続人の遺産分割の協議が調ったときは、その結果を「遺産分割協議書」として取りまとめ、相続人全員の署名押印(実印)、印鑑証明書の添付をします。
この「遺産分割協議書」をもって、相続財産である預貯金の払い戻しや不動産の名義変更等の各種の相続手続きを行うことができます。

遺産分割協議書作成に必要なこと

被相続人の特定
被相続人の氏名、本籍地、最後の住所、生年月日、死亡年月日などを記載して被相続人を特定します。
相続人の特定
相続人全員の氏名、住所、生年月日、被相続人との続柄などを記載して相続人を特定します。
相続放棄をした相続人がいる場合には、その人は初めからいなかったことにします。
相続放棄はしていないが、遺産を全く相続しない人がいても記載が必要です。
相続人全員が、協議書の内容に同意をして署名、捺印(実印)をします。
相続財産の特定
相続財産目録をもとに記載をします。ただし遺産分割協議書には積極財産(プラスの財産)のみを記載します。消極財産(マイナスの財産)は当然に相続人に相続分に応じて承継されているからです。
不動産は登記簿謄本の通りに正確に記載します。
預貯金は銀行支店名、口座番号を記載し、特定できるようにします。