ひぐち行政書士法務事務所 »  成年後見サポート » 財産管理等委任契約

見守り契約

財産管理等委任契約とは

財産管理等委任契約は、判断能力はまだあるが、身体が不自由になり、自己の財産の管理などが十分に行えなくなった場合等に備え、一定の代理権を受任者に付与しておく契約です。
任意後見契約と併用することで、適切な時期に家庭裁判所に対し、任意後見監督人の選任の申立てができます。(任意後見契約の移行型)また、「ご本人」の財産状況等を把握しているので、任意委任契約発効後の事務もスムーズに行うことができます。

当事務所で受任した場合には標準的に以下に関することを代理いたします。
この代理権項目は、事前の打合せにより変更ができます。
  • 財産の管理、保存
  • 金融機関との取引
  • 定期的な収入の受領、費用の支払い
  • 生活に必要な送金、物品の購入
  • 保険契約、保険金の受領
  • 証書等の保管、各種手続き
  • 介護契約、福祉サービス利用契約
  • 医療契約、入院契約 など